ビリヤード上達法@情報館 | 練習法・ルールなど

【ビリヤードのこぼれ話】 ビリヤードのプロとは?

ビリヤードのプロになるには資格試験があり、ポケットなら日本プロポケットビリヤード協会、キャロムなら日本プロビリヤード連盟が、筆記と実技の試験を行っています。ビリヤードでも、あちこちでプロを対象とした大会、選手権などが開かれていますが、ビリヤードの大会の場合、賞金は一番高くても200万円くらい。小さな競技会なら20万?30万円程度です。

このため、大会の賞金だけで生活していくのは難しく、ビリヤードの世界では、いわゆるトーナメント・プロというのは事実上存在しないと言って良いでしょう。昔からあるビリヤードのプロの生活の形態としては、自分でビリヤード上を経営し、客に技術指導を行ったり、客の相手をしてあげる、という形です。

これ以外には、ボーリング場などを経営するレジャー会社の社員となるか、契約を結び、ビリヤード場の運営をまかされるか、定期的にビリヤード場でレッスンを行う、と言う形です。また、ビリヤード用品のメーカーと専属契約を結ぶ、という形もあります。普段は全く関係の無い仕事で、サラリーマンと変わらない生活をしていて、大会にのみ参加する、と言う人も数多くいます。

結局、ビリヤードのプロでも、ビリヤードで生活していくのではなく、あくまで趣味的に、まずビリヤードを楽しむことを第一にプレイしている人が多い、というのが日本でのビリヤード・プロの実情でしょう。ビリヤードの本場のアメリカでは、大会も頻繁に行われ、ビリヤード専門のテレビ番組もあり、中にはかなりの収入を得ているビリヤード・プロもいるようですが、日本はそこまでは行かないようです。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 ビリヤード上達法@情報館 | 練習法・ルールなど All Rights Reserved.