ビリヤード上達法@情報館 | 練習法・ルールなど

【ビリヤード・テクニック編】 ハイスコアを目指すために

ある程度、ビリヤードが上達してくると、よりハイスコアを目指したいものです。ある、プロの人が語っていたことですが、自分の腕が上がってきたことを実感するのは、玉をポケットさせながら、手玉をある程度自分の思い通りにコントロールできるようになってからだった、とのことです。このように、ハイスコアを目指すには、狙った玉を確実にポケットさせることが出来ると同時に、いかに自分の思い通りにコントロールできるかどうか、ということがポイントになってきます。

手玉を思うとおりにコントロールさせ、うまくストップさせるのを「ポジションプレー」と言いますが、ポジションプレーが出来るようになれば、よりハイスコアを上げることが出来るようになるでしょう。ポジションプレーのためには、押し玉、引き玉、ストップショットの使い分けが必要ですが、場面に応じて、捻りも加え、左右にも玉をコントロールしなければいけません。

玉をポケットさせ、次に狙う玉の位置も考え、次のショットの時にはどこへ手玉を持って来れば撞きやすいかを考えてポジションプレーを行うわけですが、手玉がレールに近いところで停まってしまわないように、力加減も考えなければいけません。たいていの場合、ショットの後、手玉はクッションに当たることになりますが、このとき、勢いが弱いと、クッション近くで手玉が停まってしまいます。

クッションに手玉が当たり、テーブルの中央あたりで手玉がうまく停まるように、撞くときの力加減を考えるのが、ポジションプレーでは大事で、これは、実際に練習しているうちに感覚でつかめてきます。ビリヤードでは、“玉がうまく死んでくれる”という言い方をします。押し玉、引き玉で手玉の動きをコントロールさせながら、テーブルの中央でうまく手玉が死んでくれるようにする。これが出来るようになれば、よりハイスコアをマークできるでしょう。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 ビリヤード上達法@情報館 | 練習法・ルールなど All Rights Reserved.