ビリヤード上達法@情報館 | 練習法・ルールなど

【ビリヤード・入門編】 プロ、ベテランの人に習おう

ビリヤードは結構難しく、我流ではなかなか上達しないものです。まずは基本をしっかり身に付けるのが大事ですが、それには、やはりプロの人に指導してもらうのが良いでしょう。フォーム、キューの撞き方などは、自分ではなかなか分からないものですし、よくないままプレーを続けていて、それが身についてしまうと、後になってからでは治しにくいものです。

ビリヤードの店によっては、プロの人が経営していて、「プロによる指導」と宣伝しているところもあります。こうしたところに行って頼めば、どこでも親身になって指導してくれるものです。人によって多少は教え方が違うかもしれませんが、きちんとしたプロのライセンスを持っている人なので、間違った教え方をするようなことはありません。大抵の店では、プロのライセンス証などを壁に掲示していますので、これで、プロであることを確かめることが出来ます。

ボーリング場、レジャー施設などのビリヤード・コーナーでも、定期的にプロの人による技術指導を行っているところがあります。前もって、技術指導がある日を確かめ、その日を選んで行くと良いでしょう。この場合は、時間が限られることもあるので、「遠い玉が入りにくい」「ブレイクがうまく出来ない」「ショットが安定しない」など、指導してもらいたいことを決めておくのも良いことです。

店に通っていると、常連のベテランの人とも仲良くなれるでしょう。常連でなくても、プレーを見ていると、ある程度経験が分かるものです。少しレベルが上がってくれば、常連の人、上手い人に声をかけ、一緒にプレーすると良いでしょう。ベテランの人は、こうした誘いにもすぐに応じてくれるものです。上手い人と一緒にプレイするといろいろプラスになるものですし、自分の悪いところなども指導してくれるものです。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 ビリヤード上達法@情報館 | 練習法・ルールなど All Rights Reserved.