ビリヤード上達法@情報館 | 練習法・ルールなど

【ビリヤード・入門編】ブリッジ・スタンス・フォロースルー

ビリヤードが上達するための基本は、ブリッジ、スタンス、フォロースルーをしっかりさせることでしょう。この三つがきちんと出来ていないと、なかなかスコアが上がらないものです。ブリッジは、人差し指と親指で作った輪にキューを通すようにして組みますが、しっかり組まないと安定したショットが出来ません。テーブルの上に左手を開いておき、中指・薬指・小指の3本の指をしっかり開きます。そして中指の上にキューを置き、人差し指と親指で輪を作るようにして、キューを通し、しっかり握ります。この時、各指先と手のひらの付け根の付近だけがテーブルに接している状態です。

スタンスは、大きく三つあります。基本は、肩幅くらいの足幅で立ち、右利きなら左足をやや大きめに一歩踏み出します。キューを握っている手と同じ側の足が軸足になります。上から見てキューのライン上に軸足が重なっているようにします。スタンダードスタンスは、体の中心から均等に足を広げ、両足に重心を分散、膝の力が抜きやすいフォームです。オープンスタンスは、軸足とは逆の足を体の中心線に運んで構え、テーブルに対して半身の状態になり、軸足に重心がかかることによって、下半身を安定させるフォームです。クローズドスタンスは、体の中心から均等に足を広げ、つま先の向きをテーブルと平行に近い形に置き、軸足とは反対の脚に重心をかけるフォームです。自分に合ったスタンスを見つけましょう。場合によって、左足をさらに前に出した方が撞きやすいこともあります。

ここで、撞くことになりますが、キューを握っている手が上下しないように、なめらかにキューを突き出すようにします。また、このとき、一旦キューを後ろにぐっと引き、突き出すようにします。この“バックスイング”を行うことがポイントです。撞く際にはフォロースルーを入れることも大切です。キューが手球に触れた後もそのままキューで手球を押し出していく感じで、そのままキューを前に出したままにします。フォロースルーを上手く入れられるようになれば、驚くほどコントロールがつきます。バックスイングとフォロースルーを意識するようにしましょう。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 ビリヤード上達法@情報館 | 練習法・ルールなど All Rights Reserved.